墓石・デザイン墓石・ガラス墓|冲セキ

墓石・デザイン墓石・ガラス墓|冲セキ
株式会社冲セキ|墓石・デザイン墓・ガラスのお墓
今、川崎に新たな工業が生まれます。これまで工業都市として発展してきた川崎、これからは文化面にも注力し、工業と文化の架け橋となり「ガラス」を新産業として創出していきます。それが「かわさきガラス」です。

かわさきガラスの可能性

現在、川崎市内のガラス作家を中心に、工業都市・住宅地として培った地場や原料を活かし、工業と文化の融合した川崎らしい都市的なガラスを生み出そうと動き始めています。工業都市の背景から圧倒的技術力を以って、皆様にご提供したく挑むのは見たこともないガラス、新しいガラス、ガラスを超えたガラスです。

わさきガラスのお墓 式彩シリーズ

ステンドグラスやキャストガラス等、様々な技法により産まれるアート性の高いガラスと御影石を組み合わせて、従来の石材中心のお墓と異なる、素材、色、柄を表現した新しいお墓をご提案しています。

広がるデザインと選択肢

高い技術力と培われた経験によって生み出されるガラスは、製法や技法によってその表現が異なり、豊富なバリエーションの中からお選びいただけます。そして石材のデザインもよく目にする従来の和型(三段墓等)のイメージを払拭し、現代的でシンプルなデザインのものをご用意しました。また、ガラスの透過を利用する事で、絵柄が浮かびあがる仕掛けのお墓等新しいコンセプトでの切り口もあり、ガラス種類に石材種類及び多様なデザイン、これらの掛け合わせにより幾通りもの選択肢が広がっていきます。

各種技法

「ガラス」といっても製造方法や加工方法によりたくさんの種類があります。窓やコップなどの身近なものから、繊維質にまで姿を変えるガラス。その数ある中で、かわさきガラスとして特筆したい物は高度な技術が光るアート性の高いガラス達です。3つに分類しそれぞれの誤報をご紹介します。

コールドワーク

ガラス板を鉛の棒でつなぎ合わせるお馴染みのステンドグラス(左)や、顔料を焼き付ける絵付け(右)等のガラスへの溶着を主とした技法です。

キルンワーク

電気炉内で熱を加え成形させる技法です。石膏型にガラス粉・粒・塊を入れて溶融するパート・ド・ヴェール(左)、フェーシング(右)ガラス粉や板を溶着させます。

サンドブラスト

強い圧力を加え砂を吹き付けガラス表面を削り、半透明にする技法です。緻密な表現、文字入れ等に適します。シンプルながら加工により生まれる陰影を楽しめます。

冲セキへのお問合せ